ブログ

番組名:プロフェッショナル 仕事の流儀「猫を知れば世界が変わる 動物写真家・岩合光昭」
チャンネル:NHK総合テレビ(地上波放送)全国放送
放送日:2017年5月29日(月) 19時30分~20時43分
ジャンル:ドキュメンタリー(写真家、ネコ)

☆73分拡大版。通常と異なる放送時間です。
再放送:6月1日(木)24時10分~25時25分

"猫と気持ちが通じ合う写真家"として世界を飛び回る岩合光昭。最高の一枚を撮る秘密とは?野生動物を追って40年。京都にイタリア、貴重な舞台裏に迫る「猫スペシャル」

命のエネルギーがあふれ出る写真はいかにして生まれるのか?「猫とイコールでありたい」と語る岩合光昭に長期密着。ボスニア・ヘルツェゴビナでは予期せぬハプニングのなか、奇跡の瞬間がやってくる。
40年に渡るキャリアを、ライオンやパンダなどの貴重な映像でひもとくほか、10月からの朝ドラでヒロインとなる女優・葵わかなが「猫好き」代表として、岩合に「猫を上手に撮るコツ」を教わるコーナーも。猫たっぷりの73分!

「岩合光昭の世界ネコ歩き」はネコを題材としたドキュメンタリー番組。
動物写真家・岩合光昭さんが、ネコの目線で世界の街角のネコを撮影する姿を追います。
NHK BSプレミアムで放送。本編は59分番組。再編集した15分番組の「mini」も随時放送。
不定期でNHK地上波でも放送。

2017年5月28日(日) 深夜にNHK総合テレビ(地上波)で30分バージョンを2本放送します。

「岩合光昭の世界ネコ歩き」チリ 空飛ぶネコ/5月28日(日) 25:25~25:55
「岩合光昭の世界ネコ歩き」ノルウェー 白夜のニャン/5月28日(日) 25:55~26:25
いずれも地上波初放送。

☆5月29日(月)19:30~20:43 NHK総合テレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」に岩合光昭さんが登場。「世界ネコ歩き」の撮影現場も取材。

「ISUアダルト・フィギュアスケーティング・コンペティション(International Adult Figure Skating Competition/国際アダルト競技会・国際アダルト選手権)」はISU(国際スケート連盟)公認の国際大会(競技会)。
スケート競技を引退した元選手や、大人になってからフィギュアスケートを習い始めたスケート愛好者が参加する大会(マスターズ大会)です。(要参加費)
参加年齢は28歳から72歳まで。
競技は、女子シングル、男子シングル、ペア、アイスダンス、シンクロナイズドスケーティング。

■大会名称:『国際アダルトフィギュアスケート競技会2017』
(International Adult Figure Skating Competition 2017)
主催:ドイツスケート連盟(Deutsche Eislauf-Union e.V.)
期日:2017年5月22日(月)~27日(土)
開催地:オーバーストドルフ(ドイツ)Oberstdorf, Germany
種目:男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス、シンクロナイズドスケーティング
会場:Eissportzentrum Oberstdorf

山形県天童市で開催される「天童桜まつり人間将棋」。
2017年は4月22日(土)・23日(日)の二日間開催。

4月23日(日)は映画「3月のライオン」公開記念として大友啓史監督と桐山零を演じた神木隆之介さんを交えた特別トークショーを開催します(11:10~)。

二日間ともニコニコ動画公式生放送を予定しています。

<第62回天童桜まつり(平成29年度)>
期日:2017年(平成28年)4月22日(土)・23日(日)
会場:山形県天童市・舞鶴山山頂広場(雨天時は天童市市民文化会館)

NHK Eテレで放送している美術教養番組「日曜美術館」。
日曜日の午前9時から放送。翌週の日曜夜8時から再放送。

2017年4月16日(日)に放送した「ミュシャ 未来を見つめる超大作」を、
2017年4月23日(日)夜に再放送します。

2017年3月8日から6月5日まで国立新美術館で開催する「ミュシャ展」に合わせた特集。《スラヴ叙事詩》を紹介します。



番組名:「日曜美術館」ミュシャ 未来を見つめる超大作
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2017年4月23日(日) 20時00分~20時45分
ジャンル:美術番組(展覧会)

100年前のパリ、華やかな女性のポスターで大人気だったミュシャ。ところが、祖国チェコに戻って一転、緊迫した生々しい超大作を描く。一体なぜ?秘められた思いを探る。

国際スケート連盟(ISU)主催の団体戦「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017」(WTT2017)の開催概要。
今シーズン(世界選手権終了時)の上位6ヶ国が出場(開催国、日本を含む)。
テレビ朝日系で放送予定。
チケット先行受付(先着順):2016年10月29日(土)~
チケット一般発売:2017年1月29日(日)10:00~

◆大会名称/ISU WORLD TEAM TROPHY 2017
     『世界フィギュアスケート国別対抗戦2017』
主催/国際スケート連盟(ISU)
主管/公益財団法人 日本スケート連盟
特別後援/株式会社 テレビ朝日
協力/東京都スケート連盟
期日/平成29年(2017年)4月20日(木)~23日(日)
会場/国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)
種目/男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス
放送予定/テレビ朝日(地上波、BS、CS)

参加国/カナダ、ロシア、アメリカ、日本、中国、フランス
※ISU規定に基づいた当該シーズン上位6ヶ国(開催国、日本を含む)
(2017世界選手権終了後に決定)

ISU World Team Trophy 2017 RESULT
世界国別対抗戦2017公式リザルト(滑走順、競技結果)

ISU World Team Trophy 2017 | ISU
世界国別対抗戦2017エントリー(チーム別)

▽日本代表選手(4月5日現在)
男子/羽生結弦、宇野昌磨
女子/三原舞依、樋口新葉
ペア/須藤澄玲&フランシス・ブードロー・オデ組
アイスダンス/村元哉中&クリス・リード組
(2017世界選手権終了後に決定)

フィギュアスケートの団体演技「シンクロナイズドスケーティング」の世界選手権(国際試合)。
日本からも全日本優勝チームが派遣されます。

大会名:世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2017
(ISU World Synchronized Skating Championships 2017)
開催地:アメリカ・コロラドスプリングス(Colorado Springs United States)
会場: Broadmoor World Arena (30×60m)
開催期間:2017年4月7日(金)~ 8日(土)
主催:国際スケート連盟(ISU)
競技種目:シンクロナイズドスケーティング

▽日本代表チーム
神宮Ice Messengers Grace (神宮IMG)

World Synchro 2017
(大会公式サイト)

■世界フィギュアスケート選手権大会(世界選手権)
名称: ISU World Figure Skating Championships 2017
『ISU 世界フィギュアスケート選手権大会 2017』
開催期間:2017年3月29日(水)~4月2日(日)
開催地:フィンランド・ヘルシンキ(Helsinki Finlands)
会場:Hartwall Arena (60m x 30m)
種目:シニアの男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス

主催:国際スケート連盟(ISU)

ISU(国際スケート連盟)が主催する選手権(チャンピオンシップ)。
世界中のフィギュアスケート選手が集まる国際試合でもっとも大きい大会。
前年度の結果で各国の代表が1~3名(組)出場する。

▽世界選手権日本代表選手(3月23日現在)
男子/宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
  ※補欠:無良崇人、日野龍樹
女子/樋口新葉、三原舞依、本郷理華
  ※補欠:村上佳菜子
ペア/須藤澄玲&フランシス・ブードロー・オデ組
アイスダンス/村元哉中&クリス・リード組

※3月20日、宮原知子が怪我で欠場を発表、補欠の本郷理華が出場予定

ISU World Championships 2017 RESULT
世界選手権2017公式リザルト(滑走順、競技結果)

ISU World Championships 2017 Event Overview
(エントリー選手名簿、タイムスケジュール)

『芸術新潮2017年3月号』
出版社: 新潮社
雑誌(月刊誌)(毎月25日発売)
A4変形サイズ
発売日: 2017年02月25日
商品パッケージの寸法: 28 x 20.8 x 1.4 cm
定価:1,440円(税込)

【特集】
秘められたミュシャ
パリで咲かせた華、スラヴに見つけた星

東京・国立新美術館で開催中の「ミュシャ展」関連番組。

番組名:「華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語」
チャンネル:NHK 総合テレビ(地上波放送)全国放送
放送日:2017年3月16日(木) 22時25分~23時15分
ジャンル:ドキュメンタリー(美術、歴史)

幻の大作とされた20点の絵画が日本で公開された。壮大でリアルな歴史劇。作者はパリで活躍したミュシャ。華麗な女性のポスターで名高い画家が、なぜ別人のような作品を?
ミュシャの謎を探る旅に出るのは女優の多部未華子さん。画家の足跡をたどってパリへ。19世紀末、艶やかな女性のポスターでいかに人気だったかを体感。しかし、ミュシャは50歳で祖国チェコに帰国。大作「スラヴ叙事詩」に挑む。多部さんもプラハで対面。絵の中からこっちを見る不思議な人たちを見つける。何を語りかけてくる?ミュシャがこもった中世の城や驚きの資料から、大作に込められた感動のメッセージが浮かび上がる...。