『フィギュアスケートDays(デイズ) vol.18』
出版社: ダイエックス出版
分類:雑誌(不定期刊行)
発行年月: 2014年6月
判型:A4判ソフトカバー/80ページ(オールカラー)
定価:1,944 円(本体価格+税)
商品パッケージの寸法: 29.2 x 21 x 0.8 cm
表紙写真:浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子、羽生結弦、町田樹、小塚崇彦、織田信成
裏表紙写真:羽生結弦

不定期刊行のフィギュアスケート雑誌。スケートファン好みの濃い企画が楽しい本です。

2013-2014オリンピックシーズン総括号。
日本男子世界選手権代表選手を中心に、引退する国内外の選手、世界のベテラン選手から日本のジュニア選手まで、独自インタビューと躍動感溢れる写真満載でスケーターの思いを伝える。
世界選手権総評、ソチ五輪概要も。
表紙写真はアイスショー「スターズオンアイス2014」の日本人群舞の1コマ。

ライター:長谷川仁美、鈴木ふさ子、黒尾順子、関麻菜美

『日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2014』
(カッティングエッジ2014)
出版社: スキージャーナル(SJセレクトムック No. 19 SJ sports)
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 132ページ 、オールカラー
発売日: 2014年2月5日
価格:1,890円(税込)
表紙写真:高橋大輔/裏表紙写真:羽生結弦

年2回刊行のフィギュアスケート男子本「カッティングエッジ」。

メインは日本男子トップ12選手の独自インタビュー記事。取材はほぼシーズン開始前で、文章をまとめたのは全日本選手権後。一般のテレビや新聞では聞かないような話も出てくるので読んでいて面白い。写真もたくさんあって見ていて楽しい。ライターは青嶋ひろのさん。

2014年1月30日発売のスポーツ情報雑誌『Number(ナンバー)』846号はソチオリンピック特集号。
巻頭は浅田真央選手を中心としたフィギュアスケート特集。ずっと取材を続けてきたスポーツライターのコラム、浅田選手のコーチ・選手仲間・先輩たちからのメッセージなど。ほかに高橋大輔選手、羽生結弦選手についてのコラム、フィギュアスケートの観戦ガイドなど。
ソチ五輪ガイドで注目競技の見どころを解説。
表紙の浅田選手の写真もアスリートらしくすごみがあるし、内容も読み応えあります。

ネット書店では品切れ中。売り切れの書店も多いようですが、意外と小さい書店やコンビニなどで売れ残っていたりするので探してみましょう。2月13日(木)に次号発売。そのあと店頭在庫が出版元に返品される可能性もあります。

『Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 2/13号』(846号)
出版社: 文藝春秋; 隔週刊版
発売日: 2014年1月30日
A4判変形雑誌・120ページ・オールカラー
定価:550円(税込)

『フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本〈2013 Winter〉』(デイズプラス)
出版社: ダイエックス出版(DAI-X出版)
分類:フィギュアスケート情報雑誌(ムック、ガイドブック)
サイズ: A4判雑誌・96Pオールカラー/カバーつき
発売日: 2013年12月11日
定価:1,890 円(本体価格+税)
商品の寸法: 29.6 x 20.8 x 1 cm
表紙:高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦、織田信成、町田樹、無良崇人

雑誌「フィギュアスケートDays(デイズ)」の別冊。
フィギュアスケート男子シングル選手の特集ガイドブック。
たくさんの写真と独自インタビューで読み応えがある。
ライター:長谷川仁美、鈴木ふさ子、黒尾順子、Chikatsu Kato

『フィギュアスケート ソチ五輪完全ガイド』
出版社: 晋遊舎 (2013/12/6)
雑誌・ムック(A4判変形): オールカラー95ページ
商品パッケージの寸法: 28.4 x 20.8 x 1 cm
発売日:2013年12月6日
定価:本体1314円+税 

2013-2014シーズンのフィギュアスケートガイドブック。
現役スケーター男女シングル、ペア、アイスダンス全4種目189名の詳細データを掲載。
日本代表選手だけでなく、海外の選手も演技中のカラー写真で紹介。パーソナルベストスコアなどの基本データとそれぞれの演技の特徴を紹介。
フィギュアスケート雑誌で書いているライターが執筆していて、内容は信用できます。グランプリシリーズロシア大会が終わってグランプリファイナルが始まる前までのデータです。
ソチオリンピックの日程、バンクーバー五輪以降のルールの変更点なども解説。
世界の有名コーチを写真つきで紹介していて、フィギュアスケートを見る楽しみが増やせます。選手たちの写真を眺めるだけでも面白いです。

『日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2013+Plus 』
(カッティングエッジ2013プラス)
出版社: スキージャーナル(SJセレクトムック No. 15 SJ sports)
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 112ページ 、オールカラー
発売日: 2013年8月28日(水)
価格:1,890円(税込)
表紙写真:羽生結弦/裏表紙写真:高橋大輔

『フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本〈2013 Spring〉』
出版社: ダイエックス出版
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)
サイズ: A4判雑誌・96Pオールカラー/カバーつき
発売日: 2013年3月10日
定価:1,890 円(本体価格+税)
商品の寸法: 29.6 x 20.8 x 1 cm
表紙:高橋大輔、羽生結弦、無良崇人
裏表紙:パトリック・チャン、フローラン・アモディオ、ミハル・ブレジナ、ハビエル・フェルナンデス

『日本男子フィギュアスケートFanbook CuttingEdge 2013』
(カッティングエッジ2013)
出版社: スキージャーナル(SJセレクトムック No. 13 SJ sports)
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)不定期刊行
サイズ:A4サイズムック: 112ページ 、オールカラー
発売日: 2012年12月19日(水)
価格:1,890円(税込)
表紙写真:高橋大輔、羽生結弦/裏表紙写真:小塚崇彦


日本男子選手中心のフィギュアスケート情報雑誌。近年は年2回ぐらい刊行。
ソチオリンピックを来シーズンに控え、代表争いが熾烈さを増す日本男子。
2012-2013シーズンに臨む日本男子11選手の独占ロングインタビュー、今シーズンのプログラム解説、コーチからのメッセージなどを収録。

カッティングエッジは独自インタビューやアンケート、解説者やコーチや女子選手のコメントなど面白い記事が多くて読み応えがある。
選手から選手への「リレー・クエスチョン」、「10年後の自分とフィギュアスケート」を予想する質問コーナーで意外な回答があって興味深い。
立ち読みページで寄せ書き色紙の経緯を読むだけでも、日本男子選手(+女子選手)の仲良さが伝わってくる。
(企画・ライター:青嶋ひろの)

『フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本〈2012 Winter〉』
出版社: ダイエックス出版
分類:雑誌(ムック、ガイドブック)
サイズ: A4判雑誌・96Pオールカラー/カバーつき
発売日: 2012年12月7日
定価:1,890 円(本体価格+税)
商品の寸法: 29.4 x 20.6 x 1.6 cm
表紙:高橋大輔
裏表紙:小塚崇彦、羽生結弦、町田樹、織田信成、無良崇人

雑誌「フィギュアスケートDays(デイズ)」の別冊。
フィギュアスケート男子シングル選手の特集ガイドブック。
写真と独自インタビュー。
日本トップ選手を中心に、海外のライバルたちや個性派にも取材。
ライター:長谷川仁美、山本夢子、鈴木ふさ子、黒尾順子、加藤千勝

※「フィギュアスケートDays Plus 2013 Spring」2013年3月発売予定。

『ワールド・フィギュアスケート No.55』
出版社: 新書館
分類:雑誌(不定期刊行)
発売日:2012年11月28日
判型:A4判 96ページ 横書き
価格:1890円(税込)
表紙:小塚崇彦・羽生結弦・町田樹(スケートアメリカ2012)

日本のフィギュアスケート情報雑誌。
試合やアイスショーのレポート。選手・関係者のインタビュー、共同記者会見レポート。
グランプリシリーズ前半(アメリカ・カナダ・中国)の大会レポート。
8月・9月のアイスショー。
10月のメダル・ウィナーズオープン、ジャパンオープン、カーニバルオンアイス。