2011年7月アーカイブ

◇2011年(平成23年)7月2回目の朔(新月)の時刻(日本中央標準時)
......7月31日(日曜日) 3時40分

新月には財布など大事なものを使い始めたり、習い事を始めるのに適しています。
新月(直後の細い月)を右肩越しに見て願い事をするおまじないが「あしながおじさん」に出てきます。

今回はひと月に2回目の新月です。
ひと月に2回目の満月は「ブルームーン(Blue Moon)」といって特別視されます。
ひと月に2回目の新月についてはとくに由緒はないようですが、ちょっと特別な気分。

▽次の満月
......8月14日(日曜日) 3時57分

▽次の新月
......8月29日(月曜日) 12時04分

『スピカ ~羽海野チカ初期短編集~』
羽海野チカ (著)
出版社: 白泉社 (花とゆめCOMICSスペシャル) HCスペシャル
発売日: 2011/7/20
A5判コミックスソフトカバー/104ページ
商品の寸法: 20.6 x 14.6 x 1 cm

羽海野チカさんが『ハチミツとクローバー』で商業誌デビューした2000年ごろに描いた短編マンガを集めた単行本。
ジャンルは様々ながら、羽海野さんらしい作品群です。
カバー描き下ろし。
各話について簡単なイラストとコメントつき。

《収録作品》
冬のキリン/スピカ/ミドリの仔犬/はなのゆりかご/夕陽キャンディー/イノセンスを待ちながら

漫画家の和田慎二先生が、2011年7月5日、虚血性心疾患のため東京都西東京市の自宅で死去した。61歳。広島県呉市出身。

「スケバン刑事」漫画家...和田慎二さん死去  ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

和田先生の作品は20年ぐらい前は夢中で読んでいました。
「スケバン刑事」は友達に借りて、「ピグマリオ」「超少女明日香」は自分でコミックスを買っていました。初期のSF・ミステリ色の強い作品が読み応えがあって好きでした。少女マンガの華やかさとアクション、謎解きが独自の世界を作っていました。

長年の間にほとんどの作品は手放してしまいました。
唯一手元に残ったコミックスが「あさぎ色の伝説」全4巻でした。

あさぎ色の伝説 全4巻

2011年(平成23年)7月の望(満月)の時刻(日本中央標準時)
......7月15日(金曜日) 15時40分

次の新月(朔)
......7月31日(日曜日) 3時40分

次の満月(望)
......8月14日(日曜日) 3時57分

満月の夜には財布ふりふりして月のパワーをもらいましょう。
ついでに財布の手入れをしてあげましょう。

2011年の夏休み期間中、愛知県刈谷市の刈谷市美術館で「安野光雅の絵本展」が開催されます。

画家、絵本作家、装丁家として、多彩な活動を続ける安野光雅さん(1926年~)。
40年以上にわたる幅広い創作活動の中から絵本作品を中心にご紹介します。
安野さんの出身地に建つ津和野町立安野光雅美術館の開館10周年を記念し、同館の全面協力を得て実現した展覧会です。
絵本界へのデビュー作『ふしぎなえ』の全点展示をはじめ、初期から近作まで名作絵本の原画を約200点展示し、半世紀におよぶ独創的な安野光雅の世界に迫ります。
「ふしぎ」「数字」などのテーマを設けた構成と、遊び心あふれる楽しい展示空間によって、子どもから大人までわくわくドキドキできる展覧会です。

カレンダー

<   2011年7月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月齢カレンダー

visitor

TOTAL
TODAY YESTERDAY
since 2010/11/17

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.1