雑誌『Pen (ペン) 』2015年 2/15号 [ムーミン完全読本。] 童話・アニメ・グッズほか

最近、雑誌やテレビでムーミンの特集をよく見かけます。
フィンランド制作の新しいアニメ映画「劇場版ムーミン 南の島でバカンス」が2015年2月13日に日本公開されるので、宣伝しているらしい。

男性向けカルチャー雑誌『Pen』でも2015月2月2日発売号で〔ムーミン完全読本。〕と銘打って、全体の半分近くページを割いた大特集を組んでいます。
最新映画だけでなく、昔のアニメや人形劇、原作の童話やコミックス、フィンランドにある原作者が暮らした島の家、人気のムーミンマグなどのグッズと、さまざまなムーミン関連情報を紹介しています。
日本で3回制作されたムーミンアニメの違いとか。海外で作られた全然似ていないムーミン映画とか意外なものが見られて楽しい。私が子どもの頃のムーミンは口がついていたんだよね。原作ファンになってからは変に見えるけど。
原作童話が日本に紹介された頃の、日本人画家が挿絵をつけた単行本の写真もありました。
トーベ・ヤンソンさんの原作絵もたっぷり載せています。浮世絵に影響を受けた構図の考察も面白い。
きれいな図版がたくさんで眼福ですし、文章も読み応えがあって満足します。

Pen Online
雑誌『Pen』の公式サイト。

■『Pen (ペン) 』2015年 2/15号 [ムーミン完全読本。]
2015年 02月15日号 No.376
出版社: CCCメディアハウス; 月2回刊版
雑誌(A4サイズ・中綴じ)156ページ・オールカラー
発売日: 2015月2月2日
商品パッケージの寸法: 28 x 21.6 x 1 cm
定価:650円(税込み)

>映画公開で再び注目される永遠の名作
>〔ムーミン完全読本。〕

>丸っこい身体つきにユーモアと知性あふれる言動で、世界中から愛されるムーミン。
>作者トーベ・ヤンソン生誕100年である昨年に続き、
>2015年は、童話の誕生から70年という記念イヤー。
>さらに2月13日からは、本国フィンランド制作の映画がいよいよ日本で公開されます。
>Penは、最新のムーミン映画を解剖しつつ、懐かしいアニメの歴史をたどります。
>童話やコミック、トーベ・ヤンソン、挿絵の魅力も徹底解説。
>新しさと懐かしさを交えてお届けする決定版です。

ムーミン完全読本。 | Pen | Pen Online
(雑誌公式サイト・目次)

Pen (ペン) 2015年 2/15号 [ムーミン完全読本。]
【アマゾン】



《関連記事》
原画展「MOOMIN!ムーミン展」トーベ・ヤンソン生誕100年記念・2014年4月~2015年5月

ムーミンママのパンケーキ「グレーテルのかまど」再放送◇NHK Eテレ2014年8月8日/ムーミン童話全集

図録『ようこそ!ムーミン谷へ~ムーミン谷博物館コレクション』(講談社)