美術番組「美の巨人たち」マリー・アントワネット/テレビ東京(地上波)2016年9月3日(土)

番組名:美の巨人たち『マリー・アントワネット』悪女?...それとも女神?
放送日:2016年9月3日(土) 22時00分~22時30分
チャンネル:テレビ東京系(地上波放送)TXNネットワーク6局ネット
ジャンル:美術番組(フランス、ロココ文化)

今夜は趣向を変え、フランス人の美意識に大きな影響を与えた人物、マリー・アントワネットにスポットを当てます。
ファッションリーダーにして稀代の浪費家、その素顔は...?

《出演者》
ナレーター:小林薫、蒼井優

KIRIN~美の巨人たち~|テレビ東京
(番組公式サイト)

■知られざるフランス 壮麗な美と歴史の物語■

9月の「美の巨人たち」では2週に渡って、美と芸術の宝庫フランスをテーマにお送りします。

9月3日(土)は王妃マリー・アントワネット。
フランス、ブルボン王朝を破滅に導いたと言われる王妃、マリー・アントワネット。
アントワネットといえば、わがままで贅沢三昧の浪費家、そのイメージがフランス革命を引き起こした張本人と言う話に...。
数々の肖像画も絢爛な艶姿ばかりで、肖像画がフランス革命を引き起こしたとも言われるほどです。
一方、彼女のお蔭で、現代に通じる様々な習慣や発明がなされたことも多いのです。ハンカチや懐中時計、毎日の入浴等々。
そんなマリー・アントワネットが意外な批判にさらされた、一枚の肖像画があります。
「まるで下着」と揶揄されるような姿を描かせたのです。いったい何があったのか...。
有名な「首飾り事件」など、様々な事件を読み解くと見えてくる王妃の素顔。マリー・アントワネットは本当に悪女だったのか?
それとも美の女神だったのか?王妃の真実に迫ります。
舞台でマリー・アントワネット役を演じたことがある大地真央さんに、マリー・アントワネットの魅力を語っていただきました。

次回9月10日(土)はフランスの起源でもあり、パリっ子にとって無くてはならない存在である「セーヌ川と橋」のお話。



■「マリー・アントワネット展」
会期:2016年10月25日~2017年2月26日
会場:森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ)

ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展|日本テレビ

森美術館/森アーツセンターギャラリー | 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
六本木ヒルズ森タワーの52階、53階


マリー・アントワネット (KCデラックス モーニング)
【アマゾン】

『マリー・アントワネット』
著:惣領 冬実
出版社:講談社(KCデラックス モーニング)コミック
2016年9月23日発売予定

現在「モーニング」連載中の歴史コミック。

マリー・アントワネットの嘘(新書)
【アマゾン】

『マリー・アントワネットの嘘』
著者:惣領 冬実、塚田 有那
出版社: 講談社
新書: 176ページ
発売日: 2016/9/28

2016年10月25日から東京・森美術館で開催される「マリー・アントワネット展」、及び同時期に発売される惣領冬実の新作描き下ろし漫画「マリー・アントワネット」との連動企画。
ヴェルサイユ宮殿、グレナ社との3社コラボ企画としてヴェルサイユ宮殿の総監修・フルサポートのもと、マリー・アントワネットを主人公にした漫画を描いた漫画家・惣領冬実。彼女はいかにマリー・アントワネットに迫ったか、21世紀に刷新されたマリー・アントワネット像とはどんな人物か。20世紀の名作ツヴァイク版の小説、『ベルサイユのばら』を越えて、全く新しい惣領にとってのマリー・アントワネット像の創作秘話。
40年の時を超えて、新しいマリー・アントワネット漫画誕生の現代的意味を伝えるドキュメンタリー新書。