学問の最近のブログ記事

次の満月の日、2012年6月4日(月)の夕方19時ごろから夜21時ごろまで、部分月食が日本の広い範囲で観察できます。
西日本と北海道北西部では月出帯食(月の出の前に月食が始まり月が欠けたまま昇る)となります。
食の進行は全国的に同じ時間になります。
食の始め:18時59分ごろ。
食の最大:20時3分ごろ。
食の終り:21時7分ごろ。

月食(月蝕)は、地球が太陽と月との間にきて一直線に並び、太陽の光をさえぎるため、月の光る面が一部または全部にわたってかける現象。太陽・地球・月の順番に並びます。月の欠けた部分は暗赤色に見えます。月食は満月の時に起きます。

暦要項2012(5)日食・月食など平成24年 (2012)(国立天文台)

国立天文台暦計算室 こよみ用語解説「月食」

【特集】2012年6月4日 部分月食 | アストロアーツ

日本の人口の3分の2が住んでいる地域で金環日食が見られた2012年5月21日。皆さんは見られましたか。
私のところは、金環日食になる7時半ごろは雲がかかって太陽の輪は見られませんでした。太陽が欠けている間に雲が晴れたので、部分日食だけ見られました。観察グラスを買って、6時起きして待っていたのに。
2012年5月21日 金環日食(国立天文台)
予定時間、観察方法など。



日本全国で盛り上がった日食。次はいつ起こるのでしょう。

カレンダー

<   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月齢カレンダー

visitor

TOTAL
TODAY YESTERDAY
since 2010/11/17

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.1

広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち学問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニュースです。

次のカテゴリは音楽です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。