エッセイの最近のブログ記事

>不思議な学生寮「ともきんす」に暮らす"科学する人たち"朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹......彼らが遺した文章を、一組の母娘が読み解いていく物語。
(出版社紹介文より)

『ドミトリーともきんす』
高野 文子 (著)
単行本コミックス(B5サイズソフトカバー): 126ページ
出版社: 中央公論新社
発売日:2014年9月24日
商品パッケージの寸法: 24.8 x 18 x 1.6 cm
定価:1200円(税込1296円)

2002年刊行『黄色い本』以来12年ぶりの高野文子さんの新刊コミックス。
B5サイズでコミックスとしては大判です。

ウェブマガジンで連載した「ドミトリーともきんす」(11話)と描き下ろしのプロローグ、雑誌『真夜中』(リトルモア)掲載の「球体世界」「Tさん(東京在住)は、この夏盆踊りが、踊りたい。」を収録。

マンガで描いた自然科学本の読書案内。
朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹。
日本の科学者が残した言葉を、若い母親と子どもの目線で読み直します。
一般向けに書かれた自然科学随筆から着想し、科学者たちが若い学生だったらと想像しながら彼らの思考に触れます。

素直に読み、静かに伝えること。

『文は一行目から書かなくていい ~検索、コピペ時代の文章術』
藤原智美
出版社: プレジデント社
単行本(四六判ソフトカバー): 189ページ
発売日: 2011/5/27
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.4 x 1.4 cm

図書館で借りてきた文章読本。
文章の書き方を指南するとともに、ネット社会として発達した現代において他人に伝わる文章を書くことについて思いを巡らせるエッセイ。
まったく文章を書かない人より、多少書き慣れた人の方が読んでいて思い当たることがあって面白く感じるだろう。
ネット社会の発達で文章を発表することが手軽になった分、言葉も軽くなった。
深く思考を掘り下げず、断片の言葉に短絡的に反応する。
そんな人たちに誤解なく伝わる文章とはどうすればいいか。考えてしまう。

おうちで楽しむ にほんの習わし
広田千悦子:文・イラスト
広田行正:写真
出版社: 技術評論社 (2009/12/18)
A5判ソフトカバー: 160ページ

おうちで楽しむ にほんの行事』『おうちで楽しむ にほんのもてなし』に続く、広田千悦子の描く「おうち」シリーズ第3弾。
日本の日常生活文化を紹介するイラストエッセイ。
やわらかく渋みのある和風の色使いのイラストがかわいらしい。
日本文化の奥深さが勉強になります。

和のノート―女の子向け日本文化案内
木村衣有子:文・写真・編集
牧野伊佐夫:絵
セキユリヲ:装丁

出版社: ポプラ社 (2003/11)
B6判ソフトカバー: 119ページ

日本文化をテーマにした、若い女性向けのエッセイ。
粋で美しい和の文化を、鉛筆画と写真でビジュアルたっぷりにやさしく紹介。
普段のきもの、お茶、歌舞伎、白洲正子、日本庭園、手紙、ぽち袋、折形などなど。
読むと気軽に自分で体験したくなります。

ポプラ社
和のノート :木村 衣有子,牧野 伊佐夫 | ポプラ社

カレンダー

<   2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月齢カレンダー

visitor

TOTAL
TODAY YESTERDAY
since 2010/11/17

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.1

広告

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエッセイカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは絵本です。

次のカテゴリは料理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。