デイヴ・ブルーベック「アンスクエア・ダンス(Unsquare Dance)」◇小塚崇彦2013/2014SP使用曲

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)のジャズナンバー「アンスクエア・ダンス(Unsquare Dance)」。
フィギュアスケートの小塚崇彦選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付はシェイ=リーン・ボーンさん。

プログラムの冒頭は別のピアノ曲で、4回転ジャンプを跳んだ後から「アンスクエア・ダンス」が始まります。



デイヴ・ブルーベックはアメリカのジャズ・ピアニスト、作曲家。アルトサックスのポール・デズモンドらと組んだバンド「デイヴ・ブルーベック・カルテット(Dave Brubeck Quartet)」で数々のヒット曲を残しました。
カルテットの代表曲「Take Five(テイク・ファイブ)」はポール・デズモンドの作曲。小塚崇彦選手の2008/2009シーズンのSPに使われた曲です。

「アンスクエア・ダンス(Unsquare Dance)」はデイヴ・ブルーベックの作曲。
8分の7拍子という変わったリズムにピアノとウッドベースと手拍子(クラップハンズ)が印象的な曲。
オリジナル演奏はデイヴ・ブルーベック・カルテットの1961年のアルバム「Time Further Out」に収録。ピアノ演奏はデイヴ・ブルーベック。

Time Further Out
【アマゾン】

「アンスクエア・ダンス」は2012年のアメリカ映画『世界にひとつのプレイブック』(Silver Linings Playbook)のサントラにも使われました。

アンスクエア・ダンス
【アマゾンMP3ダウンロード】
収録アルバム:「世界にひとつのプレイブック」オリジナル・サウンドトラック



カナダのナム・グエン選手の2013/2014シーズンのSPにも「アンスクエアダンス」が使われています。
こちらはスコットランド出身のピアニスト、パディ・ミルナー(Paddy Milner)演奏を使用。

Unsquare Dance
【アマゾンMP3ダウンロード】
収録アルバム:The Curious Case of Paddy Milner Re-Opened

《関連記事》
フィギュアスケート音楽情報>小塚崇彦使用曲

このブログ記事について

このページは、詞己が2014年3月25日 13:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショパン「ノクターン(夜想曲)第2番(Nocturne No.2 9-2)」◇浅田真央2013/2014SP使用曲」です。

次のブログ記事は「平沼有梨・古澤巌 演奏「愛の讃歌」◇鈴木明子2013/2014SP使用曲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about

広告

Powered by Movable Type 7.1.1