高橋大輔の最近のブログ記事

現代日本人による室内楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」。
広島出身の作曲家・佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの作品。
演奏は大谷康子さん(ヴァイオリン)と藤井一興さん(ピアノ)。
フィギュアスケートの高橋大輔選手の2013/2014シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲。
振付は宮本賢二さん。

フィギュアスケートの高橋大輔選手の2011/2012シーズンのEX(エキシビション)使用曲。
「The Crisis(ザ・クライシス)」
エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)作曲。
映画『海の上のピアニスト』サウンドトラックよりピアノソロ曲。
振付は宮本賢二さん。

フィギュアスケートの高橋大輔選手の2011/2012シーズンのSP(ショートプログラム)使用曲の音源CD。
Vasというバンドの3rdアルバム「In the Garden of Souls」の収録曲を複数つないで編集しているそうです。
振付はデビッド・ウィルソンさん。

フィギュアスケートの高橋大輔選手の2010/2011シーズンのEX(エキシビション)使用曲「アメリのワルツ」の音源CD。
振付はステファン・ランビエール氏。

フランス映画『アメリ(原題: Le Fabuleux Destin d'Amelie Poulain, 「アメリ・プーランの素晴らしい運命」)』(2001年)のサウンドトラック。
作曲はヤン・ティルセン(YANN TIERSEN)。

「アメリのワルツ(LA VALSE D'AMELIE)」は複数のアレンジがあり、高橋選手がエキシビションに使っているのは19曲目のピアノバージョンの「LA VALSE D'AMELIE(VERSION PIANO)」(ピアノによるアメリのワルツ)。

フィギュアスケートの高橋大輔選手、2010/2011年のFS(フリースケーティング)プログラム「Invierno Porteno by Astor Piazzolla /ブエノスアイレスの冬:アストル・ピアソラ」の音源です。

イギリスのタンゴ・アンサンブル「Tango Siempre(タンゴ・シエンプレ)」のアルバム『Nocturno(ノクトゥルノ)』。

5曲目「Invierno Porteno(ブエノスアイレスの冬)」と、部分的に6曲目「Primavera Portena(ブエノスアイレスの春)」が使われています。
作曲者はアストル・ピアソラ。アルゼンチンタンゴの名曲です。