ホーム » 出版社 » NHK出版 » 公式本『NHK杯国際フィギュアスケート競技大会 公式メモリアルブック』NHK出版/2015年11月刊行

2017年1月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

訪問者

TODAY YESTERDAY
 

公式本『NHK杯国際フィギュアスケート競技大会 公式メモリアルブック』NHK出版/2015年11月刊行

『NHK杯国際フィギュアスケート競技大会 公式メモリアルブック』
監修:公益財団法人 日本スケート連盟
編集:NHK出版
出版社: NHK出版
ムック (教養・文化シリーズ)
サイズ:A4判並製 208ページ(内カラ―160ページ)
商品パッケージの寸法: 29.6 x 21 x 10 cm
発売日:2015年11月30日
定価:3,456円(税込)本体3,200円

フィギュアNHK杯公式メモリアルブック。
〈NHK杯〉の熱き歴史を、800枚超の報道写真でたどる永久保存版

NHK杯の第1回(1979年)~36回(2014年)大会までの記録を完全収載。
伊藤みどり、カタリーナ・ヴィットら往年の名選手や、初出場時の羽生結弦、髙橋大輔、浅田真央らの写真を満載。さらに髙橋大輔独占インタビュー、羽生結弦・浅田真央の第37回大会への抱負、伊藤みどり、荒川静香、本田武史が語るNHK杯の思い出、小塚崇彦に聞くジャンプ技術理論など、ファン垂涎、貴重な情報がぎっしり詰まった愛蔵版。

NHK出版 | NHK杯国際フィギュアスケート競技大会 公式メモリアルブック
出版社商品情報。目次、表紙写真




取材・文(ライター)の大部分は野口美惠さんと松原孝臣さん。
フィギュアスケートの取材をよくしているスポーツライターで、信用できる取材です。

第1章はNHK杯に出場した日本選手を写真で紹介。
本人コメントは浅田真央、羽生結弦、伊藤みどり、荒川静香、本田武史。

第2章は海外選手を含めたNHK杯上位入賞選手を写真で紹介。

第3章はフィギュアスケートのルール解説と、NHK杯関係者のインタビュー。
トークコーナー「豊の部屋」2004-2014のトーク内容を収録。
巻末にNHK杯出場全選手の順位を掲載。

普通のフィギュアスケート雑誌の2倍の値段ですが、それ以上に読み応えのある内容です。

過去のNHK杯出場選手の名前を見ると、現在は振付師やコーチや連盟関係者として現役選手に関わっている人も多いのに感心します。
NHK杯を始めたころは海外選手を招待するのが大変だった話など隔世の感。

現在の採点ルールなど詳しく解説しています。

ジャンプの話で小塚崇彦選手が持論を展開(1ページ)。ジャンプの理論が頭ではわかっていても、実際に跳ぶのは思うようにはいかない。

P135「トップスケーターのジュニア時代」にのちのトップ選手がNHK杯のエキシビション特別招待やフラッグスケーターをした子ども時代の写真。浅田真央(12歳/2002年)、羽生結弦(12歳/2007年)、小塚崇彦(10歳/1999年)、中野友加里(14歳/1999年)、鈴木明子(14歳/1999年)。

NHK杯国際フィギュアスケート競技大会 公式メモリアルブック (教養・文化シリーズ)
【アマゾン】

NHK杯フィギュアメモリアルブック
【楽天ブックス】

(楽天ブックスで予約。11月30日発売予定。11月29日発送、30日着)

アーカイブ

広告