シンクロ「第26回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」大会概要(笠松/2020年2月8日~9日)

◆大会名「第26回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会」
     兼 世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2020 最終選考会
     兼 世界シンクロナイズドスケーティングジュニア選手権大会2020 最終選考会
日程:2020年2月8日(土)~9日(日)
会場:山新スイミングアリーナ(笠松運動公園スケートリンク)(茨城県ひたちなか市佐和2197-28)(人工屋内リンク 60m×30m)
主催:日本スケート連盟
主管:茨城県スケート連盟
後援:茨城県 茨城県教育委員会 公益財団法人茨城県体育協会

競技種目:シンクロナイズドスケーティング選手権競技及びジュニア選手権競技
課題:2019~2020年 日本スケート連盟競技規程、およびISU Communicationにより決定

☆入場無料(開場は競技開始30分前)

第26回 全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会(リザルト)
競技結果
シニア1位:神宮Ice Messengers/シニア2位:Team Aichi
ジュニア1位:神宮Ice Messengers Junior/2位:Saitama Crystal Ace

集団で演技するフィギュアスケート競技「シンクロナイズドスケーティング」の全日本選手権。
シニアの世界大会のチームは14歳以上、16名の正選手と補欠4名のメンバー20名で構成され、男女比の制約はない。
ジュニアチームはは12歳以上19歳未満の選手で構成される。
年齢はスケート年齢(スケートシーズン開始前日の6月30日時点の年齢)。
以前は全日本フィギュアスケート選手権と同時開催だったが、2009/2010シーズンから独自開催。

2020年4月3日~4日にアメリカ・レイクプラシッドで開催される「世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2020」、3月13日~14日にイギリス・ノッティンガムで開催される「世界シンクロナイズドスケーティングジュニア選手権大会2020」の代表選考会を兼ねる。

アドバンスノービス/インターミディエイト/ジュベナイル/オープンエイジが参加する競技会「2020ジャパン・シンクロナイズドスケーティング・オープン大会」(主催:日本スケート連盟、主管:茨城県スケート連盟)を同時開催。

2020ジャパン・シンクロナイズドスケーティング・オープン大会(リザルト)


日本スケート連盟
第26回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会|日本スケート連盟

2020ジャパン・シンクロナイズドスケーティング・オープン大会|日本スケート連盟

Japan Skating Federation Official Results & Data Site(新)
日本スケート連盟試合結果公式サイト(リザルトサイト)
フィギュアスケート>National Competition (国内競技会)

◇競技日程:
2月8日(土) 開会式 抽選会
2月9日(日) 競技 閉会式

第26回全日本シンクロナイズド スケーティング選手権大会/2020ジャパン・シンクロナイズドスケーティング・オープン大会 タイムスケジュール/日本スケート連盟
2020/01/22

▽参加資格:日本スケート連盟連盟に登録されている者
【シニア選手権競技の級制限】演技を行う選手のうち、過半数の選手がシングル5級以上、またはアイスダンスのプレシルバー級以上を所持していること
【ジュニア選手権競技の級制限】 演技を行う選手のうち、過半数の選手がシングル3級以上、またはアイスダンスのプレブロンズ級以上を所持していること

【エントリー期間】 12月1日(月)~1月10日(金)

【観戦情報】
入場料:無料
開場:競技開始30分前
公式練習:非公開(競技関係者のみ可)
撮影可否:不可

【交通】
会場最寄:JR常磐線東海駅または佐和駅より3.5㎞
駐車場:有(無料)


《関連記事》
2019-2020シーズン/フィギュアスケート国内大会日程・開催地(ブロック大会、全日本選手権ほか)

2019-2020シーズン/主要なフィギュアスケート国際大会予定(世界選手権・四大陸選手権ほか)




フィギュアスケートテレビ放送情報

フィギュアスケート競技会情報

氷上演技会情報(アイスショー情報ブログ)