スウィンギン・ロンドン50's-60's ~ビートルズとその時代~/岡崎市美術博物館

■企画展
「スウィンギン・ロンドン50's-60's ~ビートルズとその時代~」

会場 岡崎市美術博物館 MINDSCAPE MUSEUM
会期 2011年1月29日(土)~3月21日(月・祝)
休館日 月曜日(ただし、3月21日[月・祝]は開館)
開館時間 10:00~17:00
*最終の入場は16:30まで。
主催 岡崎市美術博物館
後援 ブリティッシュ・カウンシル

第2次世界大戦終了後から台頭した若者文化を1950~60年代のイギリス・ロンドンを中心に紹介する展覧会。
この展覧会では、ファッション、インダストリアル・デザイン、音楽、映像などを通じて、当時の欧米の若者のライフスタイル、ポップカルチャーを本格的に紹介。
展示品は当時の家電製品(ラジオ、レコードプレイヤー、テレビ)、乗物(自家用車、バイク)、家具、室内装飾用ファブリック、レコードジャケット、映画ポスター、雑誌など。BGMはビートルズ。

ビートルズの有名なレコード・ジャケット(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)に写るテレビの謎を解明することになった「ポール・マッカートニーのサイン入り請求書(納品書)」など知られざる貴重な資料が並びます。
ジミー・ペイジ(ヤードバーズ、レッド・ツェッペリンのギタリスト)から、当時使用していたエレキギターやステージ衣装が本展のために特別出品。

2010年7月10日(土)~9月12日(日)、埼玉県立近代美術館で開催された企画展の巡回。

Valentineの真っ赤なタイプライターはいい文章が書けそう。
触ってみたくなる工業製品、わくわくする音楽、刺激的なデザイン。
私が生まれる前の時代だけど、今見てもかっこいい。

《関連ページ》
世界の服飾・ファッション・時代考証/参考文献@夏貸文庫

時代考証:近代・現代日本/和服参考文献@夏貸文庫