NHK Eテレ「又吉直樹のヘウレーカ!・選」月はなぜヒトの心を捉えるのか?◇2018年8月8日(水)

NHK Eテレの教養バラエティ「又吉直樹のヘウレーカ!」。
2018年8月8日(水)は、2018年5月16日(水)放送「月はなぜヒトの心を捉えるのか?」の再放送。
お笑い芸人で作家の又吉直樹が、国立天文台の小久保英一郎教授と「月」について語り合う。

番組名:「又吉直樹のヘウレーカ!・選」月はなぜヒトの心を捉えるのか?
チャンネル:NHK Eテレ(地上波)
放送日時:2018年8月8日(水) 22時00分~22時45分
ジャンル:教養バラエティ(自然科学、天文学、文学)
☆再放送 2018年8月9日(木)24:30~25:15

うさぎの餅つき、竹取物語、スーパームーンとくれば"月"。古くから人々の心をとりこにする月の魅力は成り立ちに鍵がある!気鋭の天文学者と又吉が織り成す、月夜の物語。

《出演者》
出演:又吉直樹
解説:小久保英一郎(国立天文台教授)
語り:吉村崇

又吉直樹のヘウレーカ! - NHK
番組公式サイト。
お笑い芸人で作家の又吉直樹が、「言われてみればどうして?」という暮らしに潜むフシギを見つけ出しひも解く教養バラエティ!

◇月はなぜヒトの心を捉えるのか?
(初回放送:2018年5月16日)
疲れると夜空を見上げ、しみじみ月を見入る又吉。「月ってでかくないか?」10代から抱く疑問をぶつけたのが、国立天文台の小久保英一郎教授だ。実は月の成り立ちは解明されておらずいまだ研究途上。現在、小久保さんが打ち出した理論が世界でもっとも有力な説を支えている。月がなくなると世界はどうなるのか?古今東西の月を愛でる歌まで飛び出し、又吉・小久保の終わりなき月談義。そしてこよいも更けていく...。


『宇宙の地図』
観山正見、 小久保英一郎
出版社: 朝日新聞出版 (2011/12/20)
【アマゾン】