NHK Eテレ「グレーテルのかまど」絵本"モチモチの木"のとち餅◇2019年11月18日(月)放送

NHK Eテレ「グレーテルのかまど」2019年11月18日(月)放送は、斎藤隆介:作、滝平二郎:切絵の絵本『モチモチの木』(1971年刊行)。
東北の山里を舞台にした創作童話です。
物語に出てくる「とち餅」の作り方を探して山形を取材します。
番組ではとち餅の大福を作ります。予告動画では電動餅つき機を使っていました。

----------
番組名:「グレーテルのかまど」絵本"モチモチの木"のとち餅
チャンネル:NHK Eテレ(地上波)
放送日時:2019年11月18日(月) 22時00分~22時25分
ジャンル:料理番組(日本、絵本、創作童話、郷土菓子、和菓子)
※再放送:2019年11月25日(月) 10時25分~10時50分

手間をかけてあくを抜いたとちの実で作るとち餅。この素朴で味わい深い、山里のおやつが登場するのが、絵本「モチモチの木」です。物語誕生に秘められたエピソードとは?

NHK「グレーテルのかまど」
番組公式サイト。
放送後にお菓子のレシピを公開します。

グレーテルのかまど「絵本"モチモチの木"のとち餅」
(放送内容)

東北の山で、じさまと5歳の豆太の暮らしを描く絵本『モチモチの木』。斎藤隆介さんの物語と、滝平二郎さんの切り絵のコンビで生み出され、およそ半世紀にわたって読みつがれてきました。
「ホッペタがおっこちるほどうまい」と描かれる、とち餅。とちの実を、おいしく食べるために長く伝えられてきた暮らしの知恵が詰まっています。
番組ではいまもその味を守る人々を山形に訪ね、ヘンゼルは、とち餅の大福に挑戦!

《出演者》
出演:瀬戸康史(ヘンゼル)
語り:キムラ緑子(かまど)

-----

モチモチの木 (創作絵本6)
斎藤 隆介:作/滝平 二郎:絵(切絵)
出版社: 岩崎書店 (1971/11/21)
大型絵本: 0.5 x 25 x 29 cm(31ページ)
【アマゾン】

>豆太は、夜中にひとりでおしっこにもいけない弱虫。でも、大好きなじさまのために......。真の勇気とは何かを問いかける感動の絵本。

タイトルの「モチモチの木」は主人公の家の前に立っているトチの木のことです。秋になると艶のある茶色の実を落とし、おじいさんがとちの実でおいしいとち餅を作ってくれます。

とちの実はあく抜きして粉にして、もち米とともに蒸してからついてとち餅を作ります。
手間がかかりますが、かつての米がとれない山村では木の実は貴重な食糧でした。
今はとちの実を大量に入手する方が難しい。
とち餅を名産とする地域は山形のほか、新潟、富山、岐阜、滋賀、京都、鳥取など広い範囲にわたります。



《関連記事》

NHK Eテレ「グレーテルのかまど」"ジョジョの奇妙な冒険"のごま蜜だんご◇2019年6月3日(月)放送

カレンダー

<   2019年11月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月齢カレンダー

visitor

TOTAL
TODAY YESTERDAY
since 2010/11/17

カテゴリ

Powered by Movable Type 7.1.1

広告

このブログ記事について

このページは、詞己が2019年11月13日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK Eテレ「美の壺・選」未知への扉 図鑑<File482>/2019年10月6日(日)」です。

次のブログ記事は「NHK Eテレ「デザイン トークス+(プラス)」図書館(ライブラリー)/ゲスト:幅允孝◇2019年12月5日(木)放送」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。