自作パソコンのグレードアップ(2010年秋)04-OSインストール

Windows7で「マルチブート(複数のオペレーティング システムをインストール )」するとフォーマットしてもシステムが残る、というトラブル発生で悩みました。

自作パソコンのパーツ(マザーボード・CPU・メモリ)を交換して、OS(オペレーティング システム)を再インストール。
OSはWindows7 Home Premium。HDDと一緒に買ったDSP版(OEM)。

今まで使っていたHDDに、アップグレードインストールも修復インストールもできないので、新規インストール。
以前のデータは「Windows.old」というフォルダーに移動される。

OSの再インストール途中、CPUクーラーの固定が悪くて、CPUが止まって何度もシステムシャットダウン。
何度かやり直すうちに、もともと2つにパーテーションを分けていたHDDに2つWindows7をインストールしました。

CPUクーラーを固定してやっとCPUの動作が安定し、無事にOSをインストール。
不要なOSを削除しても、フォーマットしても、パソコンを起動するときにいちいちシステムを選択する画面が出てきます。

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウインドウズ)公式サイトの
マルチブート システムでの Windows 7 のアンインストール
に解決方法が説明してありました。
このページの「マルチブート画面から Windows 7 を削除するには」を参考に、起動(ブート)画面から不要なOSを削除しました。