@niftyホームページサービス(LaCoocan)と独自ドメインとラクーカン連携

独自ドメインを取得して、@niftyホームページサービス「LaCoocan(ラクーカン)」で作成したホームページを独自ドメインで公開しました(2016年7月13日)。

夏貸文庫

このブログもURL変更しました。

■夏貸文庫史乗
(旧アドレス)http://dearbooks.cafe.coocan.jp/diary/
→(新アドレス) http://natubunko.net/diary/

独自ドメインを取得するきっかけはこちらで書いています。
@ニフティのレンタルサーバー(ラクーカン)へのリンクURLがfacebookにブロックされる

ラクーカンで独自ドメインサービス(無料)を使うには、ドメイン@niftyで取得・管理している独自ドメインが必要です。
URL転送(無料)は他社が管理するドメインも可能。

◆@niftyホームページサービス(LaCoocan)
......個人向け有料レンタルサーバー
http://homepage.nifty.com/

@nifty:ドメイン@nifty LaCoocan(ラクーカン)連携

独自ドメインの設定 : @niftyホームページサービス


独自ドメインの設定には2種類の設定方法があります。
▽サブドメイン(新しい領域)を設定する
▽別名を設定する

言ってみれば

▽サブドメイン(新しい領域)を設定する
→今住んでいる家の敷地に新たに家を建てる
→元の家と新しい家は別々に管理する

▽別名を設定する
→今住んでいる家に新しい表札をつける
→元の家と新しい家の実体は同じ

自サイトでは、両方の設定を使っています。

テキストエディタで作ったページは「サブドメイン(新しい領域)を設定する」で、新しい領域に引っ越し中。
ラクーカンは 「.htaccess」でまとめて移転の設定ができないので、旧いページから新しいページにひとつずつリンクしている。

WordPressやMovable TypeなどのCMSで作っているページは「別名を設定する」で新旧のURLで接続できるようにしておく。
WordPressやMovable TypeはCMSの設定で、プログラムが置いてあるドメインと公開するドメインを別にできる。
CMSを引っ越すのはデータベースの鐘期で面倒なのでそのままで、公開ドメインを別にする。

《関連記事》
@ニフティのレンタルサーバー(ラクーカン)へのリンクURLがfacebookにブロックされる